ブルーシャークU(モルディブ)

旅行日 2008年1月26日〜2月2日
旅行会社 ST WORLD
航空会社 スリランカ航空  
預け手荷物荷物 20kg+ダイビング器材10Kg
駐車場 New USAパーキング
宿泊 ブルーシャークU 
ダイビングサービス BLUE K SAFARI          
ダイビングスタイル 1日3DIVE(ボート)+α
ダイビングポイント (1日目)Embudhoo Express、Cocoa Corne
(2日目)
Medu Faru、Maamigi Out,Kudarah Thila
(3日目)
Rangali Madivara,Fish Head,Maaya Thila

(4日目)Maalhos Thila,Donkalo Thila、Hafasa Thila
(5日目)Rasdhoo Madivaru、Okobe Thila、Nassimo Thila
平均気温(水温) 30℃(27〜29℃)

動画あり

ブルーシャークU
アクセス
イベント
魚たち(1・2日目)
魚たち(1・2日目)
魚たち(1・2日目)
前回のタオ島に引き続き、ジンベイ狙いの旅、第2弾です。ジンベイ狙いということで旅行先をいろいろ検討しましたが、地域的にはモルディブがジンベイに会える確率が高いのかな〜と考え、モルディブにしました。
しかし、リゾートで検討するとどこのエリアがいいのか、また、ダイビングサービスに日本人スタッフがいないとシバタンの時のように言葉で困ってしまうし・・・。などと考えたあげく、クルーズでジンベイ狙いをキャッチフレーズとしている「ブルーシャークU」を見つけることができました。
クルーズとなるとダイビングスキルがどうかなという不安もありましたが、背伸びして挑戦することにしました。不安があったので、インターネットを駆使して情報を集めたり、他の人の意見を聞いたりしましたが、乾季のモルディブは流れが速く、大変だということしか分からず、不安は増すばかりでしたが、少し無謀かなと思いつつ決行することにしました。

旅行の計画にあたっては、前回同様、船、ダイビングの様子等について詳細に報告されている 「南国 Diving World」の情報を参考にさせていただきました。ありがとうございました。

不安があったダイビングの方ですが、スタッフの話では今週は乾季では珍しく流れがないということもあり、他の地域と比べてそれ程の流れもなく楽しむことができました。また、クルーズでのダイビングは朝食前に1本、昼食前に1本、昼食後に1本の3本が基本で、その間は食事をして、話をしたり、読書をしたり、疲れたら寝たりと非常に楽なダイビングでした。おまけにダイビング後は直に暖かいシャワーを浴びてTシャツ等に着替えられるので、気分爽快でした。
また、船上ではスタッフ・ゲストとも楽しい方々ばかりで、笑ってばかりいて、1週間がいろいろな意味で楽しく、面白く、あっという間に過ぎてしまいました
初めてのダイブクルーズでしたが、スッカリはまり、また、行きたい気持ちです!!

さて、問題のジンベイの話になりますが、見ました、見ました!!!
2日目のジンベイサーチでいきなりでした。シュノーケルでしたが3回も見ることができました。私は泳げないので2回目だけ見ることができました(小型のボートでフォローしていただいて)。2回目は30分位(?)遊んでくれました。ジンベイさんありがとう。写真はガイドのファトゥさんが動画を含めてバッチリ撮ってくれました。感謝感激です。
ジンベイ見ちゃったのでこれからのダイビングどうしようかな?!?!ダイブクルーズだったら、ジンベイも見れるし、ダイビングも楽だし、気分も爽快だし、今はもう少しやってみたいと考えているところです。

スタッフの皆様、一緒に潜ったゲストの皆様、大変お世話になりました。ありがとうございました。
お世話になった「BLUE K SAFARI」のHPはこちらです。

動画あり

動画あり

動画あり