現在、腰の治療中のためダイビング、ゴルフもできずストレスが相当たまっていたので、暖かい所へ行きたいと思い、海外旅行を計画しました(本当は腰が治ってダイビングの予定だったが???)。行きたい所はいろいろあったが、金額、旅程、気候等々を検討の結果、比較的近い香港・マカオになりました。

今回はダイビングがないので、その分ホテルをチョッと奮発し、上の下(?)のクラスにしました。おかげでダイビングの時には泊まったことのないホテルであったので感動しました。たまにはホテルで贅沢するのもいいかもね!!


観光の目玉は何と言っても「香港の100万ドルの夜景」でしょう。夜はオプションツアーには参加しないで自分たちだけで歩いてみました。団体行動になると自分の気にいったところでの時間が取れないので、自由行動で夜の写真・ビデオをたくさん撮ってきました。
そのため、ビデオは殆どが夜のものです。私はクリスマスのイルミネが好きなのでいろいろな所へ観に出かけましたが、マカオ・香港は比べ物になりません。マカオのカジノのネオンは凄い・・・。高さ数百メートルの大きなビル全体がネオン塔で、しかも近くで見られるから、日本のパチンコ屋のネオンどころではない。ド迫力です。

香港のヴィクトリア港にあるアベニュー・オブ・スターズから見た香港島の夜景はまさに「100万ドルの夜景」でした。また、毎晩8時から15分間位開催される「シンファニー・オブ・ライツ」は見ごたえがありました。好みによりますが一度見て損はないと思います。もう一度行こうと思いませんが感動しまくってきました。


マカオの市内観光では世界遺産に登録されている建物、広場を観て、中国とポルトガルの歴史を同時に体験する旅でもありました。また、マカオのカジノの占める経済的影響が観光とともに大きくなっていることがわかりました。新しいカジノが次々とオープンし、増加しているようです。2007年にオープンした巨大な「ヴェネツィアンマカオリゾート」にも行きたかったが、隣の島で日程的に行けなかったのが心残りです。

ガイドのホさんは日本語が上手で、日本の歴史、最近の出来事など、私達が知らないことも知っていたり、吉本興業顔負けのダジャレもあり、楽しい旅に色を添えていただきました。後で聞いたらインターネットで知識を蓄えているようでした。

香港ではスターフェリー、ピークトラム(登山電車)、オープントップバス、トラム(二階建て路面電車)などに乗って香港島を市内遊覧しました。ヴィクトリアピークからの景色は少しモヤがかかっているようでチョッと残念でした。夜も行こうと計画していましたがとりやめました。


一緒にツアーに参加された方々、ガイドのホさん、ソンさんお陰様で楽しい旅行となりました。ありがとうございました。

香港&マカオ
旅行日 2009年2月3日〜6日
旅行会社 エス・テーィー・ワールド
航空会社 キャセイ・パシフック航空
駐車場 New USAパーキング(場所が変更されていた)
宿泊 マンダリン・オリエンタル(マカオ)
インターコンチネンタル・グランド・スタンフォード(香港)
マカオ
香港
ホテル